いつまでも残る思い出を〜プロに撮ってもらおう〜

初めてでも

遊具で遊ぶ子ども

フォトスタジオというと、独身の方はあまり利用したことがないのではないでしょうか。私もそうでした。大手の有名な店の広告など見たことはあっても、実際に利用する機会はありませんでした。それが子供が生まれて頻繁に利用することになったのです。最初に写真を撮ったのはお宮参りのときでした。初めて訪れたフォトスタジオには、驚くほどの衣裳がありました。店舗の三分の一は衣装でうめつくされていたかもしれません。そのたくさんの衣装の中から気に入るものを選びます。衣装を着せ椅子に座らせると、子供がぐずりだしました。はじめて来たところで人がいっぱいいるのですから、泣いてしまうのも無理はないです。しかし店員さんはやはり慣れてらっしゃって、おもちゃなどで子供の気をひきながらたくさんの写真を撮ってくれました。後でみると笑顔の写真があって驚きました。あんなにぐずっていたのにいい写真をとっていただいて、やっぱりプロだなと感心しました。

子供だけの撮影が終わると、家族みんなの写真を撮りました。家族全員の写真はなかなかとる機会がありません。だいたい子供だけの写真か、子供とパパかママのどちらか。それだけでもフォトスタジオで写真を撮る意味があると思います。このときはおじいちゃんおばあちゃんと孫たちだけの写真も撮りました。みんな笑顔です。こんないい写真はないと思います。子供が成長するにしたがって家族全員集まることも少なくなってくるのかもしれません。しかし年に一度でも集まって、フォトスタジオで笑顔で写真を撮る。家族の絆というと大げさかもしれませんが、繋がりが再認識できていい機会だと思います。特に普段離れて暮らしていたりする家族には、大切なことのように感じます。私たちもずっと家族写真を撮っていこうと思います。